家でもできる簡単車内清掃法。シャララ車内布シートクリーナーと水拭きがおすすめです!



車内をクリーニングしてみました。

みなさんこんにちは!ミュンヘンのWeb担当mak utsunomiya(@munchen_stil)です!先日コーティングをしていただいたお客様の第一回目のメンテナンスです。と言っても今回は、コーティングのネタではなく車内のクリーニング(清掃)です。

今回は、家でも出来る室内をキレイにする方法をアップしてみたいと思います。特別な機械やプロユースのケミカルを使わなくても、とってもキレイになりますので是非やってみてくださいね!

と言うか、車内清掃なんてお金をかけなくても根気さえあれば誰でも綺麗に出来るからなんです!家の掃除と車内の掃除って違うようで全く一緒!

そりゃ、クリーニングのプロに依頼すれば除菌やらなんやらしてもらえますが、そんなものホームセンターで売ってるもので充分出来ます。

あなたは菌の繁殖具合を数値として確認できますか?そんなマシンがあったとしても目に見えない雑菌の事を考えるより、日ごろ家の掃除をしてるように車内清掃してたらなんてこたありません。とにかく、水拭きと根気だけで綺麗にしてみようじゃありませんか!

金をかけたって満足感だけでは成長はありません。

自分の手で綺麗にしてこそどえらい満足感を得られるのです!さぁみなさん頑張って車内を綺麗にしてみようじゃありませんか!

 

フロアマット掃除の仕方

最初にやっておきたいのがフロアマットです。乾くまで時間がかかるので、天気が良い日の朝やっておきたいですね。

car-cleaning1
エアブローと掃除機を駆使して繊維の奥に潜んでいるホコリを全て取り除きます。エアブローが無ければ掃除機だけでも大丈夫ですよ~^^

 

car-cleaning2
ジョイとかキュキュットの除菌できるタイプの台所用洗剤でゴシゴシ洗っていきます。泥汚れが出ているの見えますか?泡がすごく茶色になっていますね。除菌タイプの洗剤なので、ニオイも消すことが出来ますよ!

 

car-cleaning3
洗った後は、泡が出なくなるまで水をかけてあげて下さい。後は乾くまで他の作業に移っていきます。乾かさないまま車内に入れると、逆にカビや雑菌が繁殖しニオイの原因になります。

洗剤の泡が出なくなるまで時間がかかりますが、きっちりとすすぎをして下さいね!

 

フロアを掃除機でキレイに!

car-cleaning4
マットを下ろした後は、フロアの掃除をしていきます。普段見えてませんが、マットの下は砂やゴミがハンパなく溜まってます・・・。

 

car-cleaning5
ここも掃除機とエアブローでキレイにしていきます。掃除機、エアブロー、掃除機、エアブローを数回繰り返していきます。

エアブローがなければ、掃除機だけでも充分綺麗になるはずです^^

家庭用掃除機でも綺麗に出来るとは思いますが、大きな石や葉っぱ等、家の中ではお目にかかれないゴミが車内には大量に堆積しています。

掃除機が目詰まりしないように、大きなゴミは手で先に除去しておきましょうね^^

 

car-cleaning6
car-cleaning7
掃除機だけでも良いですが、エアブローを使う事で普段手が入らない所のホコリも吹っ飛ばせます。室内がホコリまみれになるので、窓という窓、ドアというドア全て開き放ちましょう!ホコリが飛散するので、近所にご迷惑をかけないように!

エアブローがなければ、掃除機の先に細いノズルを付ければ狭い所のゴミもとれますよ^^

 

車内清掃は水拭きが基本です

car-cleaning8
室内は水拭きが基本です。とにかく拭いて拭いて拭きまくります。アーマオール等の内装艶出し剤を使うと劣化しにくいですし高級感も増しますが、直接手が触れるステアリングやシフトなどは手が滑ってドライビングに支障をきたしますので絶対に塗らないようにしましょう。

オマケに、ダッシュボードにかけると日光が反射しやすくなり、ドライビング時に眩しく感じる時があります。艶出し剤はかける部分を考えながら使うようにしましょう。

私は昔ドアの取っ手に塗って、滑ってツメが裏返しになりかけたのでかなり怖い((((;゚Д゚)))))))

 

car-cleaning9
外装同様に刷毛は室内清掃にも威力を発揮します。100円均一ショップで、選ぶのも大変なくらいの種類を探せます^^

大きな隙間や細かい隙間に応じて購入してもいいと思いますよ。なんせ100円です^^

外装の洗車法はこちらを : 洗車は細かいところが命!ブラシとハケを上手に使った洗車法。

 

car-cleaning10
タオルが入らない部分は、綿棒や刷毛を使うと狭いところでもホコリを掻き出す事が出来ます。綿棒は少し水をつけると驚くほど汚れが取れますよ。

 

car-cleaning11
Before。

 

car-cleaning12
After。サイドブレーキ付近も水拭きだけでこれだけキレイになります^^根気良くやれば特殊なクリーナーなんて必要ありません^^

除菌やシミをどうにかしたいなら、続きをご覧になって下さい。

 

万能シャララ車内布シートクリーナー!

続いて、シートやフロアのシミです。車内清掃で気にされてる方も多いのではないでしょうか?ここで、ホームセンターで売っているシャララ布シートクリーナーの登場です。

プロユースのケミカルではなく、普通に売ってます^^ケミカルにこだわる方は高級なものを使っても言いと思いますが、これ位の安価なものでも充分すぎる程の威力を発揮してくれます!

要するに使い方次第って事!

car-cleaning14
今回試すのはここ!フロアに茶色いシミがあります。ステアリングやシート、ダッシュボードなど室内のありとあらゆるところに使え、除菌も出来る優れものなアイテム、それがシャララ布シートクリーナーなのです。

 

car-cleaning15
ここにシュッと一拭きし、ポンポン叩いたりゴシゴシ拭いたりを繰り返します。洋服のシミ落としと同じ感覚ですかね?

 

car-cleaning13
Before。

 

car-cleaning16
After。頑固な汚れでも数回繰り返せばかなり薄くなるはずですので、根気強くやってみましょう。シートも同様の手順でシミを薄くする事が出来ます。

 

ヤニ汚れはこう落とせ!

タバコを吸う方なら、天井やガラス面は茶色くなっているのではないでしょうか?ここもシャララ布シートクリーナーで汚れを除去していきます。

car-cleaning17
バイザーを開くと、ヤニ汚れがどれだけ酷いかわかりますね・・・。

 

car-cleaning18
天井にクリーナーをこれでもかと振りかけます。結構シットリするくらいにかけてもいいですが、目に入らないように注意しましょう。

後、上を向くと口が開くでしょう!ね!開くでしょう^^私だけじゃないはずだよ^^口に入らないように気を付けて下さい^^

クリーナーをかけ終わったら、とにかくタオルで拭いていきます。ヤニや汚れが酷い場合は、何度か繰り返して見ましょう。

 

car-cleaning19
かなり取れてますね^^上を向いての作業は腕がつりそうになるので、ココロしてかかって下さい。ヤニ汚れがひどい場合は1本では足りないかもしれないので、複数本用意しておくと良いでしょう。

また、中途半端にやってしまうとヤニが模様のようになってしまいます。やり過ぎって位の気持ちで、根気強く拭き取ってください。

タオルやウエスが汚れたままだと、完全に除去できません。景品などでもらったタオルで充分です^^複数枚用意し、常に綺麗な面で拭き取るようにしましょう^^

天気が良い日は窓を開け放ちケミカルや水分を徹底的に乾燥させて下さい。天気が悪い日にやる場合はエアコンで水分除去!

水分が残っているとそこに雑菌が繁殖し、生乾きのようなニオイが出てきますからね。ここんとこ重要です!

 

車内清掃完了~!

car-cleaning20
全て掃除して、フロアマットが乾いていたらクリーニング完了です^^

本当はもっと詳細に載せたかったのですが、外装同様かなりの文字数になってしまうので、詳細は別の機会にご紹介させていただきいとおもいます。かなり端折ったので、わかりにくいところもあるかも(。・人・`。))ゴメンネ

今回の車内清掃の車両はシートカバーを付けていた為、タオルで拭くだけで簡単に綺麗になりますが、素地のままの車両ではいろんなダメージが及んでいると思われます。特にスモーカーさんであれば、焦げ跡なんかはあるのかな?と思いますが、そんなシートの悩みを持つ方にはこの記事がお役に立てるのではないかと思います^^

⇒ 車のシートの焦げ跡補修をトータルリペアさんにお願いいたしました!

 

car-cleaning21
外装もそうですが白いところは白く、黒いところは黒くが基本です。室内が引き締まって見えますね^^

 

car-cleaning

 

まとめ

車の掃除は、専用のケミカルがなくても簡単に手に入るもので十分キレイになるのです。要はどれだけ時間をかけて、汚れに気付いてあげれるかだと思います。

出来れば普段から汚さないという思いが必要ですが、子供さんがいたりするとそうも行きませんよね^^でも、どんなに汚れても手入れをすれば内装はあっという間に輝き始めます!

本気でやったら1日なんてあっという間に経ってしまいます。今日は室内をやろうと思い立ったときにじっくりと掃除してみてはいかがでしょう?^^

関連記事

関連記事(提供リンク)

ページ上部へ戻る