ガラスコーティング本格始動!ワックスとはどう違うのか??



カーコーティングって?

みなさんこんにちはミュンヘンのWeb担当mak utsunomiya(@munchen_stil)です!いろいろなテストを繰り返して、ようやくコーティングやってます!と言えるようになりました。

前々からやりたかったのですが、ようやくようやくといったところです。 テストに参加して下さった皆様には感謝です^^

「ここまでキレイなるのか!」と言う驚きの声がどれくらい頂けるのか心配だったのですが、僕が思っている以上に喜んでいただけて、これなら商品化できるぞ!となったわけです。

という事で、いったいカーコーティングとは何ぞや?と思われている方もいらっしゃると思いますので、少し解説をしたいと思います。

 

コーティングとワックスの違い

ワックスとコーティングがいったいどういう風に違うのか?それぞれの長所と短所も合わせてみていきたいと思います。

 

油脂系 いわゆるワックス

最も普及し、そして値段も手頃、施工も簡単なワックスが油脂系に当たります。カルナバという植物から抽出された物など、天然由来のものが有名ですね。

純度が高ければ高いほど値段も上がってきますが、水弾きもさることながら、良い艶が出ます。良い香りがするのもワックスの特徴です。あの得も言われぬ良い香りのファンって方も多いようですね^^

しかし、ワックスは油なので、日に焼けたり、長期間ほったらかしにしているとワックスが酸化し塗装面の劣化を早める事があります。

また、ほこりを集めてしまい、水洗い時の傷の原因になってしまう事もあります。

 

長所

  • 施工が簡単。
  • 値段が手ごろ。
  • 艶が良い。
  • 洗ったぜ!的な満足感が得られる。

短所

  • すぐに落ちる。
  • 塗装は守れない。
  • 頻繁に塗らないとダメ。
  • 厚塗りすると塗装に良くない。

 

樹脂系 いわゆるポリマー

ポリマーやフッ素といったものが、この樹脂系に当たります。固形や半練タイプ・液体などありますが、ワックスと同様の手順で施工できます。

ワックスより落ちにくく長期間持ち、艶も同程度期待できます。塗装面を守るという点では、ワックスとあまり変わりません。

 

長所

  • 施工が簡単。
  • 艶が良い。
  • 値段が手ごろ。
  • ワックスより長持ち。
  • 洗ったぜ!的な満足感が得られる。

短所

  • ワックスよりは持つが、やはりすぐ落ちる。
  • 塗装は守れない。
  • 頻繁に塗らないとダメ。
  • 厚塗りすると塗装に良くない。

 

ガラス“系”コーティング

一様にガラスコーティングと一緒にされていますが、ほぼ違います。なんせ“系”なんで・・・。

ガラス系コーティングと言うのは、樹脂系のものにガラスの成分が少しでも含まれているとそういった名称で呼ばれることがあります。

しかし、持ちも艶も樹脂系よりはるかに高く、満足感はかなりのレベルで得られると思います。

成分によって多少違いますが、1~2年持つものも多いようですが、その都度再施工が必要です。コーティング施工店の中でもあえてガラス“系”を推奨しているお店もあります。

 

長所

  • ワックス、樹脂系より持ちが良い。
  • ワックス、樹脂系より艶が出る。
  • 塗装を守る。

短所

  • ワックス、樹脂系より高額
  • 再施工が必要。
  • 下処理が必要。

 

ガラスコーティング

最高最強のコーティングと言えばガラスコーティング!っていうくらいメジャーになっています。

ガラスコーティングにも様々ありますが、塗装表面にガラス系の樹脂で被膜を作り、硬化させます。余った液剤などは硬化剤が入っているので、カッチカチに固まってます!

ガラス“系”コーティングは、樹脂にガラス成分を入れているもの。ガラスコーティングはガラス系樹脂の被膜を作るものといった違いになります。

専門店でしか施工できないイメージがありますが、実はDIYでもできます。しかし、コーティングはコーティングそのものよりも下処理が重要になってきます。

塗装の上に被膜を作るため、少しでも汚れがあるとその上に被膜ができ、中で塗装を侵食していきます。また、油分があるとその上には被膜は形成されません。

また、ウォータースポットは削る事でしか取れないものもあります。ガラスコーティングはやり直しが効かない一発勝負です。少しでも不安がある方は、必ず専門店で施工してもらうようにしましょう。

ガラスコーティングの良さを100%引き出すのは下処理がすべてと言っても過言ではありません!DIYでとお考えの方は、それなりのリスクがある事も知っておきましょう。

 

長所

  • ガラス系より長期間持つ。
  • 濡れたような艶がでる。
  • 傷や酸性雨から塗装を守る。
  • 事故時の再施工保証付のものもあります。(当店はコレ!)

短所

  • けっこう高額。
  • 年数回のメンテナンスが必要。(再施工ではありません。)
  • やり直しがきかないため、入念な下処理が必要。(ここがすべて!)

 

ガラスコーティングの上にワックス?

ガラスコーティング後はワックスはしない方が良いでしょう。特に大きな問題になる事はないですが、せっかくコーティングで皮膜を作っているのにワックスで油分をつける事は避けたほうが良いでしょう。油脂は紫外線で酸化し、コーティングを侵します。ガラスコーティング施行後は性能を100%発揮させる為の専用クリーナーがありますので、施工店で相談するようにしましょう。

普段は水洗い洗車で十分ですが、取れ難い汚れはカーシャンプーで落としてあげるようにしましょう。また、虫取りクリーナーなどもコーティング対応、非対応ありますので商品を選ぶ際は気をつけて下さい。

施工店は豊富なデータを持っていますので、一度相談される事を推奨します。

 

まとめ

という事で、当店はガラスコーティングを採用しています。艶、持ちどれをとっても満足を得ていただけるレベルだと思います。

でもガラスコーティングが絶対というわけではありません。

カーマニアの中には、ワックス派の方も多いですしね^^それぞれ自分の使いやすいものを選んでみましょう!

また、コーティングは必要ないという方には、当店で使っている最高級の液体ワックスの販売も検討中ですので、興味のある方はご相談下さい^^

関連記事(提供リンク)

ページ上部へ戻る