良い車をより安くはありえるのか!?欲しい車の相場が簡単にわかる方法を伝授します!



安くていい車を皆様に!とは思うけど・・・

皆様こんにちは!安くていい物が大好きなミュンヘンのWeb担当mak utsunomiya(@munchen_stil)です!皆さんも口には出さないけど安くていいもの好きでしょ^^ホレホレどうだ!

私も自分の車を探すなら、出来れば安くて良い物をと思って探すので、お客様の心理は痛いほど良くわかります。(これが羊達の沈黙からクリミナルマインドで培った私なりのプロファイリングです^^)

という事でね。新車も取り扱っている当店なんですが、販売車はほぼ中古車です。

自分の欲しい車が明確に決まっている方は、グーネットさんやカーセンサーさん等の大手中古車サイトを良くご覧になられているので、お店に相談にこられても話がスムーズに進みます。

しかし、漠然と安く乗れる車があるならいっか!的なお客様が多いのも事実で、そういったお客様は車が決まるまでに時間を要してしまいます。

ん?なにか引っかかりませんか?安くて良い車ならどんなのでもいいといいながらも時間を要する。つまり、どんなのでも良いとはいっても、すくなからず拘りはあるのです。

 

相場を知らなきゃ良いも悪いも分からない!

欲しい車を絞る作業

極端な例を挙げれば、何でも良いといっても廃車寸前の車は嫌でしょうし、見た目キズだらけならちょっと二の足を踏んでしまいますよね。

という事で、まずは使用用途やデザインで決めていきます。レジャーに行く機会が多いならバンタイプ。お買い物や通勤だけに使うなら、軽自動車といった具合です。

また、色によっても中古車の値段は変わってきます。それぞれ車により人気カラーはある程度決まっていて、色によって10万円くらい平気で変わってきます。

色にこだわりが無いのであれば、不人気カラーを選ぶのも一つの方法ですよね!

ネット社会になっている現在では、中古車の価格なんて一発で調べることが出来ます。しかし、相場がどれくらいにあるのかを調べている人は、ほんの一握りの車好きだけなのです。(経験上)

相場を調べていないと、安くて良いものを買えてるのかも分からないので、まずは車種を絞り込み、欲しい車の相場がどれくらいに位置しているのかを絞ってみましょう。

 

これだけはせめて決めておきましょう。

  1. 使用用途から絞る
  2. 好きなデザインや車から絞る
  3. 金額を決める

せめてこの位は決めておかないと、車選びに時間がかかってしまいます。最悪考えている間に売れてしまう可能性もあります。タッチの差で売れるなんて事は実はざらにあるのです。

だって今や全国中の人が見ているネット社会なんだからね!

という事で、どんなのでも良いといいながらも、ある程度の条件を決めておく事によって、車選びも楽になってきます。

さらに、下記で説明している相場とあわせてみる事で良い買い物が出来るのかどうかが決まってきます。めんどくさいところですが、頑張ってみましょう。

相場を知ると妥協点が見えてくるはずです。

 

欲しい車の相場を見てみましょう。

中古車は新車と同じように、定額ではありません。その時の人気、つまり需要と供給の割合によって値段は刻々と変化しているといっても良いでしょう。

そんな中で、欲しいと思った車が一体どれくらいで売られているのかを把握する事で、ある程度の車の状態を読み取ることが出来ます。

つまり、相場ってやつです。これを知らない事にはお得に買えたのだか程度が悪いものを買ってしまったのだとかの判断が難しくなります。相場が絶対とは言いませんが、かなりの目安にはなりますので是非把握しておきましょう!

 

相場を簡単に調べる方法を伝授します。

実は、車の相場ってすぐに調べることが出来ます。大手中古車ポータルサイトさんでは、ほとんど相場検索機能がある事をご存知ですか?今回は、グーネットさんでの相場検索を解説してみたいと思います。

私が欲しい車は、BNR34のVスペックⅡ(マイドリーム^^)なので、それを参考に解説していきましょう!

まず、グーネット公式サイトを開きます。

 

rate-of-car1
中古車のカテゴリから価格相場をクリックします。クリック、そうマウスの左クリックです^^

 

rate-of-car2
スカイラインR34GT-Rと言えば、日産。みんな知ってるか^^まぁ~そこをクリックしてみます。

 

rate-of-car3
R34型は1998~2002年になりますよね。最近廃盤になったかと思っていたのに、もう最終モデルから14年経過してるんですね・・・。

オラも年とったずら~^^って事で、ここも左クリック。スマホから見たこと無いけど、もし見れるならタップって言うのかな?

ボタンを惜しげもなく押してみましょう^^

 

rate-of-car4
ある程度の相場が出てきますが、中古車価格帯の幅が広すぎるのであまり参考になりません。そこで、画面を下にスクロールしていきます。

マウスをグリグリ回してスクロール!

 

rate-of-car5
価格と年式、価格と走行距離、年式と走行距離、グレード・価格と言った項目が出てきます。玉数が多いものがオレンジで表示されてますね。

濃いオレンジ・薄いオレンジありますが、ここが濃いところがおおよその相場になってきます。年式と価格で判断が可能になってきますよね^^

ここで、ちょっと思ったより高いな~なんて疑問が出てきたら年式を落としたり、走行距離を落としたりって選択肢が広がってきます。

画像では、価格と年式で選んでいますが走行距離が気になる方は、価格と走行距離で調べてみても面白いでしょう。

私のように欲しいグレードが決まっているなら、更に掘り下げて見ていけます。以下の画像解説をどうぞ!

 

rate-of-car6
私はBNR34の中でもVスペックⅡを狙っているので、グレードと価格で検索してみます。すると驚くべき結果が!!

新車574.8万円に対して、中古車相場が415.4~435.4万円!今現在で15年落ちの車両が150万くらいしか落ちてね~(泣)ここで、予算と合わないならグレードを下げたり走行距離を落としたりといった選択が出来ます。

と言う風に、相場を調べることが出来ます。

つまり、この例で行くと価格帯から高ければ上玉、安ければ何がしかのトラブルを抱えている可能性があると言うことです。もちろん、車選びの際の絶対的指標になるわけではありませんが、一つの目安にはなると思います。

また、業者オークションを売りにしているお店もあります。しかし、オークションこそ、その時の需要と供給が価格に大きく反映されます。

安く買えるとの謳い文句に流されないように、しっかりとしたビジョンで相場を調べる事が重要になります。こういった大手中古車ポータルサイトの相場情報は有意義に使うべきです。

思ったより少し安く買えたな!と思える事がオークションではあると言うだけで、絶対に安く買えると思っていると後でがっかりする事もあります。

 

まとめ

安くて良い車ってよく言われると上述しましたが、実際にエンドユーザーさんの目が肥えてきてる以上、相場を無視して車を売る事はできません。

と言うか、そんな事してたらお客さん離れていってしまうからね^^

当店でも、なるべく直ぐ壊れないような可能性のある車を探すようにしています。結論を述べれば、安くて良い車なんて、余程運が良くなければないようなものです。

需要と供給のバランスが成り立っている中古車市場では、相場がモノを言います。「安かろう良かろうは」ほぼ存在しないと考えるようしましょう。そんな車があったら私が買いますし^^

「安かろう良かろう」私含めみんながそう思っていますが、実際問題としてかなり難しい問題なんです。悪い車を売りたくないので、当店ではそうやって店頭で説明するようにしています。

それで、売れない時もあるけど、売った後にトラブルなく乗ってもらう事こそが当店の使命だと思っています。

安くても直ぐ壊れてしまっては、売った私もいたたまれない気持ちになりますからね^^車選びは、慎重に行うようにしましょう。

関連記事(提供リンク)

ページ上部へ戻る