車のシートの焦げ跡補修をトータルリペアさんにお願いいたしました!



インテリアから外装まで補修しちゃうぞ!トータルリペアさん恐るべしを体感!

みなさんこんにちは!ミュンヘンのWeb担当mak utsunomiya(@munchen_stil)です^^スモーカーさん(ONE PIECEではないよ^^あの人は大佐です^^)なら経験あるかも知れませんが、車内でタバコを吸ってる時に思わずポロリ・・・。股の間にタバコの燃えてる部分が落ちちゃって大慌てって経験がある方もいらっしゃるでしょう(笑)

後で見てみたら愛車のシートに焦げ跡が~。。あぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁ・・・!!!!ってな感じですよね。

私も経験があります。車中で缶コーヒーを飲んでたら急に段差が・・・。コーヒーは胃の方じゃなく、呼吸器系の方へ・・・。

「おほっ!!!!ぐえっ!おほっおほっ~!!!!!!!」

言わずもがな、車中はコーヒーまみれですよ!コーヒー位なら拭けば良いだけですけど、焦げ跡はそう簡単に補修出来ないので大変です。ま、コーヒー拭くのも大変だけどね^^

早く拭かないと染み込んじゃうからね^^

ってな事で、外装にも大きな敵がいますが、車内でも思わぬトラブルが潜んでいます。起こった事はしゃーないですけど、車を大切にしてる方ならいてもたってもいられないでしょう。

そんな方に最適な補修を提案してくれるのが、車補修のプロ集団トータルリペアさんなのです!

 

車の補修集団TOTAL REPAIRさんとは!?

トータルリペアさんは、1972年にアメリカで生まれた車の内外装の補修を生業とする企業です。40年の歴史を持ち、世界38か国に加盟店があります。

日本では、1995年に導入され、現在では実に全国に約450店舗の加盟店があります。後ほど、頂いたパンフレットを紹介させていただきますが、恐るべしな補修力です。

今回のシートの焦げ跡補修依頼で「これ程の戦闘力とは!!!!!」と思わずに叫ばなければならない程の破壊力です!ベジータが言ってましたから確かでしょう。

ベジータマジ私のマブダチですからね^^

ま、そんな事はさておいて今回の補修内容を見ていきましょう。と、いっても外注作業になりますし、企業秘密的な所もあるとおもいますので、ビフォーアフターを見ていただきましょう。

 

今回の焦げ跡のひどさ。ビフォー。

total-repair1
今回はタイトル通り、車のシートの焦げ跡(穴)補修です。勿論の事当店では出来ない補修です。もし、治してくれと言われたら、シートカバーで隠そうぜってなると思います。

しかし、車のオリジナリティーを残したいのであれば、それはただごまかしている事ってなると思います。

トータルリペアさんの凄いところは、車のオリジナリティーを復元してくれるところ!ビフォーアフター見たらあんさん驚きまっせ!で、今回のリペア部分はここです。

運転席のタバコの焦げ跡。スモーカーならありがちな感じですよね^^(笑えね~!?)タバコの先端が股の間に落ちて焦る感じ^^

 

total-repair2
アップ画像ですが、タバコの焦げ跡の幅も深さも結構なものですね。正直これをリペア(補修)できるのか疑問しか残りませんよね。

私含めメカも半信半疑だったのは間違いありません。

アップにするとより一層その傷跡が如何にひどいものか理解していただけるかと思います。あなたのシート(内装)大丈夫ですか?

 

補修後の焦げ跡が消えてる!?

以下の理由により作業内容は割愛させていただきます^^一つは企業秘密。そして、完全にトータルリペアさんにお任せしていた為、作業中の画像が撮れなかったって言うね^^企業秘密は後付けの言い訳^^

ま、どんな作業をすれば良いのかがわかれば商売は成り立たない場合があるしね^^ただ、ビフォー見たら焦るよ!良く覚えてないけど、穴の補修作業は30分~1時間くらいかな?後は半日ほど乾燥させて下さいって言われただけ。

それだけでアフターな画像のようになります。驚愕の画像をご覧あれ!

 

焦げ跡補修アフター画像はビビるよ!

total-repair3
これが遠景からの撮影です。はっきり言って矢印で示さないと只のシミ位にしか思わないでしょう?依頼した私たちですら、驚く事しかできなかった・・・。

担当者さん曰く、「色合わせしときました。半日くらいはそのままにしといて下さいね。」って・・・。簡単にい言うじゃな~い!

継ぎ目も分からなければ、そこに焦げ跡があったなんて分からない!

 

total-repair4
アップで見てもシミか毛並みの違いにしか思えないよね・・・。恐るべし40年の歴史を持つトータルリペアさんの実力!継ぎ目すら分からない。「ここ補修したよ。」って言われたら「そうなんだ」ってレベルの補修能力!

後日、常連のgappe会長にビフォーの画像を見て頂いた後にアフターを実車で確認して頂きました。

なんの先入観も持たずに見て頂きましたが、どこに穴があったのか分からない様子でした^^ドッキリ大成功です^^(古い?)

担当者さん曰く、このようにフラットな生地なら再生はごく簡単だそうですが、現在のシートのように綾織的な複雑な生地はリペアは大変なんだそうです。

 

TOTAL REPAIRさんは他にもこんなサービスが!

total-repair5
担当者さんの作業が終わり色々とお話をお聞きしました。パンフレットを頂き、ブログに載せてもいいと言う許可を頂きましたので、一部分を掲載させて頂きました^^

凄いのは、今回の焦げ跡補修にとどまらず、例えばステアリングやプラスチック部分を含め、補修内容が多岐に渡っている所。

内装を含めホイール等の補修も出来るってすごくないですか?当店でも簡単なホイールのキズ補修は出来ますが、リムの曲がりなどは補修できません。だって円形のものは無理なんだもん。

ホイールは曲がってしまうと、当店では交換をおすすめしていますが、お気に入りのホイールが今では販売されていない事もあるでしょう。

そんな時にトータルリペアさんのサービスがあれば安心できますよね^^

 

まとめ

車って走ってこそ存在意義を確認できるのです。しかし、走れば走るほど内外装にかかるダメージからは逃れられません。でも、私の見解では寝かしておくより遥かに走った方が良い!

先日も複数の車を所有されているお客様とお話ししましたが、走っていない車は、暫くの間はギクシャクした挙動が出るとおっしゃられていました。そんな所は機械も人も一緒ですよね。

運動していないと各部分が錆びついてくるのでしょうね。私も運動しなきゃね。

最近怠惰な生活をしているので、そろそろサッカーしにいこっかな^^ここで話が逸れかけましたが、車は走らせて存在意義を見出す事が出来る。それにはダメージがつきもの。

でも、トータルリペアさんのようなプロ集団がいるからこそ安心して走れる。車で走るのはホント楽しい^^ダメージはつきものだけど、そんなのかんけーね~!

もし、補修したい箇所があるならトータルリペアさんに連絡して見て下さい。もし、直電が恥ずかしいなら当店で画像をトータルリペアさんに送り見積もり依頼させていただきます^^

愛車を長持ちさせたいならこういったプロ集団の存在は大きいですね^^40年の歴史パネ~っす^^

関連記事(提供リンク)

ページ上部へ戻る