ニッサン キューブ BZ11にイノセンスⅣホイール16インチを装着して見ました。



ごあいさつ

みなさんこんにちは!一年中アレルギー性鼻炎に悩まされているミュンヘンのWeb担当mak utsunomiya(@munchen_stil)です!

もう鼻シュッシュ的な薬剤が手放せないのですが、あれって本当は使いすぎって良くないんでしょ?

そんな中毒性を秘めている鼻シュッシュですが、大体花粉の時期にしかお世話にならないはずなのに、今年はもうほぼ毎日のように鼻がムズムズしちゃって、使わざるを得ない状況なんです。

でも、結構そんな方が身の回りに多くて、「今年はどうしてなんだろね~。」なんて会話が弾む今日この頃です。

話が全く別の方向に行ってしまいましたが、そろそろ本題に入りましょう^^

 

キューブに社外ホイールを装着。

今回は、BZ11型の日産キューブのホイールを変えてイメチェンをはかりたいとのご要望を賜り、当店としては大変ありがたいお話をいただきまして、早速カタログを見ながらお好みのデザインのホイールを探していただきました。

ホイールだけに関わらず、デザインに関するものは人それぞれ好みが違い、こちらからこれにしたら完璧!といった提案が難しいものでもあります。

しかも、カタログだけでは装着後のイメージが湧きにくいですしね・・・。でも、このご時世Googleの画像検索で調べれば、装着されてる方の写真がたくさん出てきます。是非、参考にして見て下さい。

しかし、なんて便利な世の中になったのでしょう!私が、免許取り立ての頃はレブスピードの車種別チューニングブックを買ったりしながら、イメージを膨らませてたものですが、時代は刻々と変わって行ってますね。

と、またまた話がそれてきたので、本当に本題に入っていきたいと思います^^

 

INNOCENCEⅣ16インチを装着

cube-Innocence4-1

純正のBZ11キューブのホイールはこういった可愛らしいデザインのホイールです。純正だけに車のデザインとも相性がばっちりで、良く似合ってます。

しかし、いかんせん、“いかつさ”というか“カッコよさ”を求めるのであれば、少々物足りない感は否めませんし、今は純正でも18インチ採用なんていう大径ホイールが主流にもなってきてます。

ホイールを変える事で、大きく車の印象を変える事も出来ますし、オリジナリティーがでて尚一層車に愛着も出てくるものです。そういった意味でも、ホイールを変える意義と言うのはあるんではないでしょうか?

そこで今回は、INNOCENCE Ⅳと言うホイールを装着してみました。純正が14インチですので、16インチにする事で、デザインとともに車の印象自体も大きく変わるのではないかと期待は膨らむばかりです^^

cube-Innocence4-2

いつの時代でも人気のあるディッシュタイプのホイールです。センターのブルーのキャップがアクセントになってますね^^

 

cube-Innocence4-4

タイヤサイズは、195/45R16をチョイス。

 

それでは早速、装着前と装着後を比較してみましょう。

 

装着前

cube-Innocence4-6

cube-Innocence4-5

ま、装着前なんで普通です。

 

装着後

cube-Innocence4-7

cube-Innocence4-8

どうですか?写真家の腕前が相変わらずなので、迫力が伝わりにくいかもしれませんが、車の印象が大きく変わりましたよ^^

お客様も大変満足されたようで、私もうれしい限りです^^

 

ホイール装着後に、アライメントを取り直して納車させていただきました。タイヤサイズが変わる事で、初めは多少なりとも違和感があると思いますが、すぐ慣れる事でしょう。

 

装着ホイールデータ

  • ホイール名 : INNOCENCEⅣ(イノセンス4)
  • ホイールデータ : 16×6.5J 4H 114.3 +53
  • タイヤサイズ : 195/45R16

※ ホイール交換時の、ホイールと車両とのマッチングデータは専門店もしくは、メーカーに必ず確認するようにしましょう。

 

まとめ

ホイールだけに限らず、カー用品て選ぶまでが楽しいなんて言いますが、見た目が変わるとその後まで嬉しさが持続するんですよね^^

ホイールは車の印象を大きく変えてくれる重要なアイテムです。もし、ご購入を検討されてる方は、想像を膨らませながら、じっくり選ぶようにしましょう。その間、結構楽しいです^^

あと、マッチングは間違えると、装着できないなどの問題が出てくるので、デザインとともにしっかりと検討する事をおすすめします。

しかし、車いじりって鼻シュッシュと一緒でやめれないですね!え?一緒にするな?スイマセン・・・。

関連記事(提供リンク)

ページ上部へ戻る