エアコンフィルター交換の必要性。脱臭炭入りフィルターなど種類は様々です



愛車のエアコン性能が落ちてると思ったら、エアコンフィルターを疑ってみよう!

みなさんこんにちは!ミュンヘンのWeb担当mak utsunomiya(@munchen_stil)です!夏や冬になるとエアコンをかける機会も多いと思いますが、エアコンの性能を100%発揮できてるでしょうか?

エアフィルターやオイルフィルターなど、車にはフィルターと名前がつくものがいくつかあります。

これらのフィルターはある程度走行距離を目安に交換されていると思いますが、意外と見落としがちなのがエアコンフィルターなのです。

という事で、エアコンフィルターを変えて室内の空気をリフレッシュさせてあげようという今回のコーナー行ってみましょう!

エアコンフィルターと言っても種類は様々!もちろん値段も違いますが、後ほど解説しますが、車内の匂いが気になる方は脱臭炭入りのフィルターなどもお勧めですよ^^

 

こういった車内の香りやエアコンの効きに症状が現れたら。

  • エアコンの風量が弱くなった・・・。
  • エアコンから嫌な臭いが・・・。

エアコンフィルターは、室内に送り込まれる空気をキレイに濾過する役割があります。これが汚れで目詰まりを起こす事でカビ等の悪臭を放つようになります。

また、空気の流れが悪くなりエアコンの性能低下に繋がってしまいます。

エアコンフィルターをかえなかった事で車に異常をきたす事がないので見落とされがちですが、定期的に交換をしてあげる必要があります。

 

air-conditioner-filter1
フィルターが真黒になっています!ホコリやゴミなどが堆積し、目詰まりを起こしています。この汚れがにおいやエアコンの風量低下を招く原因になります。

 

air-conditioner-filter2
左が今回装着するフィルターです。長年走ったエアコンフィルターが目詰まりを起こしているのがよくわかりますね!

 

エアコンフィルターの交換の目安は?

エアコンフィルターの交換はメーカーさんでは5万キロ前後を目安に!と謳っているところもありますが、人により室内の環境は大きく変わってきますので、それに合わせて交換するのが望ましいと思います。

簡単に確認できるので、時々見てあげて下さい^^確認が難しい車種もありますのでご依頼いただければ当店でチェックしますよ^^

フィルターは埃だけでなく煙草のヤニや花粉、最近で言えばPM2.5等も吸塵してくれます。
煙草を吸う人とそうでない人とでは交換の推奨時期は大きく変わってきますし、アレルギー体質の方はなるべく早く交換してあげる方がいいと思います。

最低でも2年に一度、車検毎に交換してあげるとベストかなと思います。交換しないにしても、点検する事で汚れを目視で確認する事が出来ます。

DIYでも簡単に取り外しできる場所についている場合が多いので、車に詳しい方ならそれ程苦労する事もないでしょう。

 

因みに、TC24 日産セレナのエアコンフィルター位置。

air-conditioner-filter3
エアコンフィルターは多くの車両がグローブボックスの裏にあります。中には完全にグローブボックスを外さないといけない車両もありますが、それ程難しい手順は必要ないと思います。

エアコンフィルター位置で検索するとご自身の車両のフィルター位置を調べる事が出来ます。確認してDIYでの作業が難しいと感じたら無理せずに整備工場にお願いするようにしましょう。

 

脱臭炭入りなどの性能で価格に違いがある!

脱臭炭入りなどの種類により多少価格に違いがありますが、2,000円~5,000円程度の価格帯が多いと思います。手ごろなものなら埃などの簡単な吸塵能力だけなのに対し、高性能な脱臭炭入りのものなら排ガス臭やダニの死骸等のアレルギー物質を抑える事も出来ます。

求める性能をよく考えエアコンフィルターを選んでみて下さい。

因みに、当店では脱臭炭入りの高性能なものが人気ですね^^その時の価格は通常のものより高いですが、長い目で見ると大きな出費にはつながらないと思います^^

最近ではエアコンフィルターの間に挟むワサビ風なケミカルを使う場合もあり、臭いに敏感な方はマストアイテムとなっています^^

併せて行いたい! ⇒ カーエアコンエバポレーター洗浄でカビ臭や不快なニオイを抑える!DIYで簡単施工できるクリーナーをご紹介!

 

まとめ

エアコンのニオイの原因は、様々考えられますが大きな要因はフィルターの目詰まりが考えられます。夏本番突入でエアコンをフル活用する機会も多いと思います。

少しでも「ん?」というにおいがしたらエアコンフィルターを疑ってみてもいいかもしれませんね。

関連記事(提供リンク)

関連記事

アーカイブ

Twitter

ページ上部へ戻る