ミュンヘン(当店オリジナル)の液体ワックスの評判がすこぶるいいので自慢してみたYO!

liquid-wax-ver2-eye


ミュンヘンオリジナルリキッドワックスVer2レビューをしてみたよ^^

いつもミュンヘンブログを楽しみにしていてくださる全国の皆様こんにちは^^ミュンヘンのWeb担当mak utsunomiya(@munchen_stil)です!!今回のお題はコチラ!

どどん!当店オリジナルの液体ワックスのレビューです^^

ちょいと長い記事になりますが、超撥水と塗装のエゲツない艶を求める方は最後までお付き合いくださいませ^^

個人のフェイスブックではすでに紹介済みなのですが、使って頂いたお客様からの評判が思った以上に良いのです^^

いや、想像通りというべきかな?ふふふ^^。

私は職業柄でもありますが、個人の方より人一倍沢山洗車をしている私です。ワックスの良し悪しもそんじゃそこらの洗車好きよりは見る目があるとの自負があります。そんな私が、様々な試行錯誤を繰り返し作り上げたワックスです。

自分ちのお店のオリジナル商品をレビューするのって恥ずかしいのですが(r(^ω^*)))テレマスナ)自分を奮い立たせ頑張ってレビューしてみたいと思います^^

因みにあるお客様が言ってましたが、このワックスは、私ことmak utsunomiyaが夜な夜なカエルのアレとか蛇のアレ、はたまたコウモリのアレなどを配合しているというマッドサイエンティスト的な噂も流れてましたが、そんな妙なものは配合してないのでご安心を^^

買って頂いた方には口頭でかけ方をお教えしていたのですが、ブログで解説した方が分かりやすいかなと思い記事にしてみました。

これで経済的に、かつミュンヘンンワックスのポテンシャルを極限まで引き出す事が可能となるでしょう!

という事で、いざ出陣ぢゃ!

 

ミュンヘンワックスはVer1とVer2の2種類があります

liquid-wax-ver1-2
今回作ったのはVer1とVer2の2種類。どう違うのか?ってところから解説してみたいと思います。ちなみに両方とも水洗い後やシャンプー洗車した後の濡れたままのボディに施工可能ですよ!

 

Ver1の特徴

まず、安いです^^しかし、安いから悪いものってわけではないのです。成分は化学成分と固形ワックスなどにも利用されているカルナバ蝋とのハイブリッド。化学成分だけだとどうしても値段が高くなってしまうんです・・・。

しかし、優れた撥水性と光沢は十分に確保されていると自負しています。

なんといっても伸びの良さと拭き取りの良さが自慢の使い勝手の良いやつ。ホントに良い子なのです。元々の価格の安さも売りなのですが、伸びが良いという事はさらに経済的に使えるってことです。

300ml入りなのですが、普通車10台以上は軽くかける事が出来ます。塗装面さえ良ければ1か月はいうにワックス効果を維持できます。

てことは、1か月ごとにかけても1年近くは使えるって代物です。さらに伸びの良さから、ムラになりにくいってメリットがあります。

私はVer1はこういった方に使って貰いたいですね。

  • ワックスをかけたいけどメンドクサイ。
  • 洗車にかける時間があまりない。
  • 安くてもそれなりの性能は欲しいね。
  • 洗車初心者。
  • 営業車などをキレイにしとけって言われてるけどメンドくさい方(笑)

定価 : 1,200円

 

Ver2の特徴

なんといってもVer2の最大の特徴は、化学成分が主原料。それにより、上質でいて硬質な被膜を形成できる事。1度かけてから1週間ほどで被膜が硬化するので、重ね塗りができさらに上質な艶と厚い皮膜を形成する事が出来ます。

とは言っても、重ね塗りにも限度があるので2~3度の重ね塗りが限度だと思っています。それでも結構艶出ますよ^^

デメリットは、伸びが悪くムラになりやすい為、それなりに洗車慣れしてる方向け。洗車が好きな方って言い方もできるかな?

ま、Ver2の使い方は後ほど解説してみたいと思いますが、私はVer2はこういった方に使って貰いたい!

  • とにかく愛車をキレイにしたい!
  • 今までの重ね塗り可能と言われているワックスにがっかりしていた。
  • 超撥水がとても好きだ!
  • 鮮やかな艶を維持したい!
  • 良いワックスでもかけるのがメンドクサイと思っている方。

定価 : 2,200円

それぞれ、良い面もあり悪い面もあるのは事実です。人によって求めてるものって違いますからね。それでも当店のブログを読んでいただいてる方って車好きが多いと思うので、愛車をキレイにしたい思いってのは皆さん同じだと思います。

実際に使ってみないとわからない部分もあると思いますが、以下の記事が参考になれば幸いです^^

 

注意点

ミュンヘンワックスは、ガラス面には使用できません。どちらもある程度成分を濃くしています。ワイパーのビビり音やムラの原因になります。

もし付着した場合は乾いたウエス又はタオルで素早く拭き取って下さい。

また、ゴムモール部分には直接噴霧しないで、ウエスに残っているワックスで拭き取る感じでかけて下さい。また、内装などには使えません。あくまで外装用です。

 

ミュンヘンワックスの性能を100%得る方法をVe2でテスト!

2種類のウエスを用意する

liquid-wax-1
なぜ2種類のウエスが必要なのか?それは、ミュンヘンワックスが極限までワックス成分を凝縮している為です!!固形ワックスを愛用されている方ならご存じでしょうが、ワックスのかけ方をミスってしまうと、濃いところと薄くなるところ、つまりワックスのかけムラが出来てしまうのです。

ミュンヘンワックスもしかり!ワックス成分を極限まで高めているからこそ塗りムラができやすいんです。

だからこそ、均一にワックス成分を塗り伸ばすために乾いたウエスが必要になるんです。ムラが出来たら乾いたウエスで綺麗に拭き取ってあげましょうね^^

固形と違うところが、液体だからムラが出来ても拭き取りやすいんです^^だけど、完全に硬化してしまうとムラのまま固着してしまうので、乾かないうちにさっと拭き取って塗り伸ばしてあげましょうね^^

また、ガラス面には使用不可ですので、万が一ガラスに付着した場合は乾いたウエスで拭き取って下さい。

 

洗車をしてワックスの能力を100%引き出す!

liquid-wax-2
当店オリジナルのワックスだけでなく、ワックスやコーティングってのは塗装がしっかりしてないと本来の能力が引き出す事はできません。例えばこんな感じかな・・・。

  • 塗装面が劣化していて、洗車するたびに米のとぎ汁のようなものがでる。
  • 塗装表面がざらざらしている。
  • 塗装が剝がれている。(論外)

つまりは、新車でも中古車でも塗装面をしっかり整えるってところから始めないといけません。まず、塗装面がどういう状態にあるのかをしっかり把握しておく必要がありますし、塗装面が荒れているならば綺麗な状態にしてあげる事が必要なのです。

これってプロでなくてもわかりうる事です!因みに、簡単なお肌トラブルに効果的な過去記事のリンク貼っておきますね^^

⇒ 水洗い洗車の意外と知られていない本当のやり方。カー用品なしでも驚異の美しさへ!
⇒ 万能すぎるトラップ粘土で全て除去!ボディについた鉄粉、ピッチタール、泥汚れ、虫の死骸、何でも来い!
⇒ カーシャンプーを泡モコモコにする方法!豊富な泡が洗車キズを減らす!

塗装が剥がれているなどの重傷な塗装トラブルは再塗装をするしかないですね。また、お米のとぎ汁が出るようなものも再塗装が必要です。

因みに、再塗装が必要な個体は車のメンテナンスがなされていないと考えられますので、内部のトラブルも考えられます。つまりは、車を愛してないって所に行きつくのです。

お肌の美しさは、内部からってのは人でも車でも一緒だと私は思っています。逆もまた然りですよね。お肌が荒れてるイコール体調不良が考えられるとか。そういう事で、外装である程度車の状態って把握できると思っています。

いつものように話がそれかけましたが、ワックスの成分がいくら良くても塗装がだめなら無駄遣いでしかありません。塗装(外装)って車選びではかなり重要です!

 

ミュンヘンワックスの使い方と注意点

ボトルのロックを解除しよう!

liquid-wax-3

ボトルにはロックがあります。誤発射を防ぐためです。画像では縦になってますが、横にずらしましょうね^^ま、注意せずともこういったスプレーボトル多いからわかるかと思います^^

 

とにかく撹拌するために振る!

liquid-wax-4
この画像おもしろ~^^と、思わない?とにかくワックス成分が沈殿してるかもしれないので、シャカシャカと振りまくります!

そう!ヘッドバンキングかの如く!その時の画像なのですが、まさかこんな画像が撮れるなんてね^^写真て面白すぎや~しませんか?^^

ま、とにかく・・・シャカシャカと振って撹拌して下さい。えらい振ってるようですけど4~5回振れば十分ですよ^^

 

それでは、本題のワックスの威力を見せつて差し上げましょう!

liquid-wax-5
上目線でごめんなさい^^それだけの自信作なんでね^^ま、それはさておき、テスト車両は現行型ノアです。まずボンネットでテストする為、満遍なく水をかけて水洗い洗車していきます。

 

liquid-wax-6
あっ・・・。親水になってる・・・。別に親水性のワックスを使ってるわけでなく、オーナーさんが洗車&ワックスをしてないだけです。

これでは、紫外線や汚れから塗装を守る事が出来ないですね。また、洗車後の拭き取りもタオルが滑り難くて大変ですね。

 

liquid-wax-7
テストでミュンヘンワックスの威力が分かりやすいように真ん中にマスキングしておきます。つまり、ワックスをかけた方と、かけない方とでどれだけの差が出るのかってやつです。よく見るベタなやり方でもあります^^

それでは特とご覧あれこの恐るべき破壊力を!!!!!

 

liquid-wax-8
【 完全に水を拭き取った後でもワックスがけ可能ですが、濡れたボディにそのままワックスする事で、伸びが良くなりより少ない量でワックスの効果を引き出せます。 】

ボンネットの運転席側にミュンヘンワックスをワンプッシュ!マジワンプッシュ!注意点としては、一か所に吹きかけるのではなく、スプレーしながら横に吹き付ける感じ。塗装するようなイメージです。

一か所に吹きかけると塗り延ばすのが大変なんです・・・。

横に滑らすとミストが飛んでいくのでもったいないイメージもありますけど、その辺は距離を微調整しながらやってみると良いでしょうね。私は、10cmくらい離した位置から横に吹きかけるイメージでやってます。

出来ればパネルの中央付近にかけると良い感じに拭き取りやすく、しかも満遍なくワックスがかかります。スプレー後は、すぐさま濡れたウエスで水とワックスを混ぜ合わせながら拭き取っていきます。

丁寧にパネルの隅々まで拭き取りましょう。水が乾いた後にパネルを見てムラが残っているようなら、すぐさま乾いたウエスで拭き取りましょう!

 

たったワンプッシュでこの威力!

liquid-wax-9
この違いわかりますか?ていうかわかるだろう~!超撥水!これホントにワンプッシュなんですよね^^てことはノアクラスの比較的面積の小さいボンネットなら、2プッシュで事足りると言うなんと経済的なワックス!

自画自賛とはまさにこの事でしょうHAHAHAHAHAHAHAHAHA~!

ちょっと走れば水玉飛んでくよ^^

 

てことで、ドア部分も試してみました

liquid-wax-10
ドア部分への施工です。ボンネットの所でも書きましたが、こういう風に横へ滑らす感じでスプレーしていきます。ドア部分も2プッシュでいけます。

上下2分割するイメージで、横2列に滑らしながらスプレーし後は乾く前に素早く拭き取るべし。はよせな乾きますよ。口酸っぱく言ってますが、洗車の最大の敵は水の自然乾燥ですから。

 

liquid-wax-11
助手席側のスライドドアにワックスしたのですが、この違い。しかも、たった2プッシュ。それでこの水弾きです。いや~なかなかに素晴らしいではありませんか!(自画自賛は続く^^;)

てことで、使って頂いた方に好評を得ている当店のオリジナルワックスですが、じぶんとこの商品レビューって結構恥ずかしいですね^^;

でも、お客様から「いいよコレ!」って言葉を頂くと嬉しいなと素直に感じます。そんな自信作を全国の皆様にも是非使って頂きたいと思っておりますので、今準備中なんですが販売特設サイトを作成中です。

販売出来るようになり次第フェイスブックで発表したいと思っておりますので、興味がある方は是非ご購入いただければと思っております。

いや、絶対良いので買って下さい^^(なんちゅう宣伝の仕方・・・。)

 

まとめ

今回初めてオリジナル商品を作ってみて大変さを感じましたし、テスターさん含め多くの方のご協力を頂きました。本当に一人ではなんも出来ないんだなとつくづく思いましたね。

それでも、私のメンドクサイお願いにも嫌な顔せずに付き合って頂いた方々のお陰で素晴らしいものが出来たと思っております。

はやく全国販売できるように頑張ってサイト作らなければね^^これは自分との勝負だけど^^もし、使ってみてもっとこうしてほしいとか、こう言うケミカルが欲しいとかって要望があればどんどん頂ければと思っております。

それが更なる励みになりますからね!愛車をより美しく、そして洗車が楽しくなるようなアイテムを作っていきたいですね^^

ミュンヘンofficial通販ショップはコチラ!

 

関連記事

ページ上部へ戻る